O-ARC(オーアーク)は2007年にシンガーソングライター飯田雅康とギターリスト兼ソングライターのニールメイソンによって結成されたデュオ。

 

彼らはロンドンのカムデンタウンで行われていたミュージックナイトで運命的な出会いをする。

 

当時、アコースティック音楽シーンで活動していたマサ(飯田のショートネーム)はニールの繊細で詩的なギタープレイに感動し、ロンドン生まれロンドン育ちのニールはマサの叙情的しかしながらも思考的な曲に感銘する。

 

ミニマリストなマサの歌詞はなにか俳句や禅からの影響を感じさせる。そしてニール独特のサウンドコラージュはマサの歌に新たな一面を作り出す。

 

彼らは自らの音楽を通じてZen Popという新しい音楽スタイルを提唱する。